多摩へのラブレター【連載:NO71】

*********************
私たちが感じてきた多摩地域の個性を
次世代の子ども達へ伝えていきたいですね。
*********************

吉野 守さん
 産業・商業の発展はもとより、特に学問や芸術、自然の保護、歴史的な遺産の保護など、文化の側面の振興に力を入れ、オンリーワン(独自)の価値をもった地域として成熟してほしいと思います。

野島 辰明さん
 自然を生かし、都内にない人に優しい、住んでよかったという多摩になってほしい。

A・T
 10年前、大学進学と同時に多摩地区での生活が始まりました。初めは23区へのあこがれもありましたが、多摩地区で生活するうちに徐々に愛着がわいてきました。
振り返れば、学生生活、就職、結婚と、人生のかけがえのない時間をこの地で過ごしてきたことに不思議なつながりを感じています。
 これからもこの地で生活していくにあたり、多摩についてもっと知っておきたいと思い、受検を決めました。
 都会の便利さと豊かな自然を併せ持ったこの地で、人のつながり、地域のつながりを大切にしながら生活し、次の世代へも伝えていけたらと思っています。

多摩へのラブレター【連載:NO70】

*******************
もっと世界に誇れる多摩地域として
どんどんPRしていきましょう!
*******************

K・A
 八王子に住んでいる会社員です。多摩に住んでから28年になります。大学卒業後、会社員となってからずっと住んでいると思うと、あっという間でした。
 その中で学んだこと、楽しかったこと、懐かしかったこと、悲しかったことのほとんどが多摩・武蔵野の、いろいろな場所と関係しています。まだ、いろんな場所、国で働き、生活する可能性がありますが、いつの間にか多摩が心のよりどころになりつつあることに気が付きました。
 これからの人生もいろいろ多摩と関わっていけたらよいなあと思うようになり、検定を受けることにしました。

H.E
 休日、私が自然に親しむ地域として一番近い場所が多摩・武蔵野(高尾山、陣馬山、野川公園、武蔵野公園、井の頭公園など)。東京でも数少ない自然の宝庫としても大切にしていきたいものですね。
 また、私は隣接の世田谷に住んでいますが、定年後、自然保護などの業務に携わる仕事をしてみたいと考え、この検定を望みました。

匿名希望さん
 多摩は、一つの県として成り立ち得る地域です。もちろん、単に独立することが目的ではありませんが、多摩の市町村がより強く結び付くことで、日本中に、そして、世界に情報を発信する地域になってほしいです。

多摩へのラブレター【連載:NO69】

*********************
多摩地域には温泉もたくさんあります。
合格者の方には特典もありますよ!!
日頃の疲れを癒しにいってみませんか?
*********************

匿名希望さん
 私はサラリーマンであるため、定住することができない。いわゆる転勤族です。多摩に住む前は横浜、福岡と全国に異動しているし、今後もそうだろう。
 そんな中、自分が住んでいる(また住んでいた)地域について何も知らないというのはちょっと恥ずかしいのではないかと思い、この検定試験の公式ガイドブックを購入した。タマケンに限らず全国には各地域の検定があり、その検定を足掛かりに郷土愛や地域に対する深い理解につながればよいと思う。
 私自身も公式テキストで初めて知った近隣の博物館や美術館を訪ね、新たな発見ができることを期待している。

匿名希望さん
 年を取って孫に恵まれたら「八王子のおじいちゃんの家に遊びに行こう」なんて言われてみたい。その時のために今からせっせと知識を蓄えておかなければ……。まだまだ知らないことばかりだ。

多摩へのラブレター【連載:NO68】

**********************
休日には多摩検定のテキスト片手に
遺跡めぐりをしてみてはいかがですか?
また新たな発見に出会えるかもしれません。
**********************

H・K
 知らないよりは知っていた方がいい、多摩・武蔵野散歩の楽しさ倍増。

匿名希望さん
 小中は日野、高校は町田、大学は国分寺、会社は八王子。
 多摩エリアから出たことがないや。住めば都、とても暮らしやすい。

匿名希望さん
 現在23区に住んでいますが、医療設備の充実という点で考えると、残念ながらまだ多摩地域は都心部と差があるように感じます。一部の地域は交通機関がまだ十分でないようにも思います。こういった点が少しずつ改善されていけば、多摩は人々にとってより一層魅力的な地域になると思います。

本橋 誠一さん
 西東京市(旧保谷市)に3歳のころから住み始めて、幼少時代からずっと多摩でずっと育ちました。都心へのアクセスも便利でありながら、緑のあふれる多摩地域には愛着があります。小さい頃は、高尾山などの山登りや井の頭自然園、大人になっても奥多摩でのバーベキューなど自然や緑が多く、近場でもいろいろと遊べたりするところも好きです。
 現在は結婚して国分寺に住んでいますが、仕事場も立川ということで人生のほとんどが多摩地域です。これからも多摩に愛着を持っていきたいと思います。

多摩へのラブレター【連載:NO67】

***********************
多摩地域における市町村の垣根を超えた人とのつながり
多摩が大好きだと思う人々のつながり、
そんなつながりがどんどん拡大していくといいですね
***********************

A・Y
 多摩は素晴らしいところです。都心に近いのに豊かな自然が保たれており、現代社会で見失いがちな自然の大切さ、偉大さを思い起こさせてくれます。
 大学などの研究施設も多く、多摩に暮らしていると、自然とアカデミックなものへの向上心が湧いてきます。多摩は素晴らしいところです。

S・Y
 多摩は、緑がたくさんあり、人が暮らしているあたたかさがあり、大都心の東京になくてはならない場所であると思います。
 都心の影響を受けた文化、伝統があるところも魅力のひとつ。知れば知るほど味が出る、そんな場所だと思います。

多摩へのラブレター【連載:NO66】

***********************
多摩地域に住んでいない人も巻き込んで
多摩地域の魅力を発信していきたいですね。
そのためにタマケンが力になれれば嬉しいです。
***********************

匿名希望さん
 都会らしさと田舎っぽさが同居する住みやすい観光地になってほしい。

K.H
 多摩の魅力、私は23年間東京日本橋に住み、昨年の7月から多摩(西多摩)で働くことになったが、同じ東京でもこれだけの違いがあることに感動。東東京の人間は、多摩の緑、川を知らない人が多く旅行で近場に行こうと思っても、まず希望地が挙がらない。もっと魅力を伝えていったらどうだろうか!

M.A
 多摩地域限定の鉄道博物館があればよいと思います。各市町村がお金を出し合って、地価の安いところに建設してみてはいいかも。

多摩へのラブレター【連載:NO65】

**************************
小さいお子様からお年寄りまで
ワクワクできるのが多摩地域だと思います。
**************************


 地域の歴史は、小、中学でしか学ぶ事がなく、ほぼ大人になってから移り住んできた我々は知る機会がなく、今回テキスト等で改めて知って、大変良かったと思っています。特に地名の由来を知る事ができ嬉しく、また地元への愛着も多少生まれてきたなと思っています。更にこのような活動を拡げ、できれば地域愛が表現できるようなブランド、旗などもつくり地域をアピールできればなあと思っています。

匿名希望
 自然が残っているのに田舎すぎないところが、多摩の魅力であると思います。東久留米(落合川や黒目川)の自然が好きです。

川原 寛介
 身近に自然が感じられることが魅力です。居、食、住の環境が都内でありながら高いレベルで保たれていることです。教育環境もよく親子が参加できるイベントも多いと感じます。

多摩へのラブレター【連載:NO64】

0108.jpg

***********************
今私たちがうけている 多摩からの恵みを
これから生まれてくる多摩の人々にも
しっかり引き継いでいきたいですね。
***********************

T.S
 青春のすべては多摩にあり、夢多きあの頃を今も良く覚えています。

米山 謙一
 この地域で生まれ育ち、生涯を終える地でもある、そんな多摩地域を今後も愛していきたい。
 多摩の活性化が自分へのエネルギー源である。

藤崎 幸則
 砂利道をダンプカーが行きかい、ラーメン一杯が80円。
 ほんの40年前の小平の姿である。
 子供の頃歩いたあんなに遠かった道が今では、ほんの数分で歩ける。現在は住宅でおおわれてしまったが、まだまだ良い所はたくさん。
 この素晴らしい住みかを後から来る後輩達にたくしたい。
 これだけを心から願う。

多摩へのラブレター【連載:NO63】

0125.jpg

*********************
同じ東京でも23区にない多摩地域の個性を
より多くの人に知ってもらいたいですね。
*********************

匿名希望
 多摩は外から来た人を多いけれど、地域もそろそろ成熟し始めています。
 自分の生活している場所をよく知り、日々のくらしを新しい発見でより楽しくしていくとよいと思います。
 多摩の市町村がもう少し連携してほしいです。(立川と八王子など・・・)

Y.O
 私が感じる多摩の魅力は、人との交流が温かいところだと思います。
 住宅地も工業地域もどちらも多く、沢山の人々が生活していて都心部より広い土地でのびのび暮らせているから温かくなれるのだと思います。
 近所の人達との毎日の挨拶、犬の散歩をしている人どうしの会話、困っている人がいると助ける様はよく見かけます。
 私は八王子市大和田に住んでいるのですが、駅から遠くても飲食店が多かったり、レジャー施設も車を使わなくても行けるところに、いくつもあります。それは甲州街道等の大きな街道が多く電車以外でも多くの人が行き来し、いろいろな設備に需要がある為だと感じます。
 そんな暮らしやすい環境があるから人々が温かくなるのだと思います。
 そんな多摩をこれからはタマケンを受ける為に、沢山深く学んでいくことができる事が嬉しいです。

コーちゃん
 生まれてから八王子に住んでいましたが、仕事の関係で20数年、東京からいなくなり、あまりにも地元を知らない自分がはずかしいです。
 もっと、多摩を愛せるよう活動に参加したいです。

多摩へのラブレター【連載:NO62】

0121.jpg

***********************
ほんの少しのきっかけで
多摩地域の魅力に、気づき、発見できるものですよね。
***********************

Y.H
 「三多摩格差」という言葉があります。
 その際たる例が交通でしょう。
 中央線の立体化が進められていますが、複々線にならなければ、中央青梅沿線の利用者は全く意味のない公共工事です。
 私達の子供達のために是非、早急に整備してもらいたいものです。
 今世紀中に「三多摩格差」がなくなることを切に希望します。

H.S
 「隣の芝は青く見える」と言いますが、都会に出て行くより自分の故郷を大事にしたいと思っています。
 故郷を離れるには種々雑多な都合がありますが、多摩には大学も多いし、それなりに働く場所もあるので・・・

匿名希望さん
 多摩に住んでいることが誇らしいような、そんな地域活性化を望みます。
 ベットタウンとなって長い多摩を「ふるさと」とする方も多く、その「ふるさと」の魅力を再発見し、PRすること、再確認することで生活も、家族の会話も次の代へ受け継がれる文化も違ってくるのではないでしょうか。
 魅力ある文化産業も、地域の活性化を最大限に行うことで、よりよいものが集まり創造されると期待しています。

多摩へのラブレター【連載:NO61】

0119.jpg

***********************
多摩地域はまだまだ魅力を100%発揮しきれていない
部分もあると思いますが
みなさんで力を合わせて100%、150%、200%と
魅力アップできるようにしていきましょう!
***********************

新津 晶子
 多摩は商業、工業、文化施設、緑地がバランス良く発展している。
 日本で一番住みやすい所だと思います。
 今度は、西部の森林保全にもっと目が向くといいですね。

原 麻子
 市町村の垣根を越えた、多摩地域の交流がもっともっと活性化するとよいと思います。
 歴史ある多摩だからこそできる23区には負けない文化づくりを行っていってほしいです。
 「多摩県」としての独立が理想です。(笑)
 東京都に負けない個性が絶対あると思うので・・・

道産子
 多摩は花火大会があると人が多勢訪れます。
 そのときに感じるのは、なぜ、もっとお祭りっぽくしないのだろう。という事です。
 「多摩と言えば○○祭りですよね」という有名で大きな祭りが無いように感じます。
 そこで花火とコラボして何か有名な祭りが1つできれば何か見えてくるのではないかなんて勝手に思っています。
 多摩ニュータウンが高齢化していると聞きます。
 だとしたら「老後は多摩に住みたい」と思わせるような地区を作ってほしいです。
 自然もあるし文化もある、老人が住みやすい場所を作れそうですよね。
 現在の開発は若者も老人もターゲットにしてなくて、しいて言えばステレオタイプな田舎モノを相手にしている印象を受けます。

多摩へのラブレター【連載:NO60】

***********************
多摩地域がどうしたら、より魅力的になるのか、
たくさんの方が日々、考え、努力されているのを感じて
心が温まる思いがします。
***********************

m.k
 三多摩と言われているのに、なぜ4つ(東、西、南、北)に分けるのですか。
 南多摩郡、北多摩郡、西多摩郡は昔あった名前です。
 大事にしてください。
 私、生まれも育ちも東京、神田ですが仕事の関係で湘南、関西とまわり最後に本社が調布にある為、多摩市に住んで約9年やはり田舎だけどいい所です。
 いっそのこと30市町村を1つにして多摩市にしませんか。
 都内へ出るのも少なくなり2日前銀座で迷子になりそうになりました。
 これから中大のホームカミングディに出ますが中大が司法試験でトップにならなくなったのは、こんな田舎に来たためとも言われています。
 確かに古代遺跡が多いよね。
 我社(調布市)のたてかえでも土器がでました。

タナカ ミチヒロ
 小金井市に20数年、日野市に10数年住んでおりバリバリの多摩人です。自然、文化等興味がつきない魅力を持った地域だと感じています。
 現役の仕事を終えた後の時間の過ごし方として、多摩の勉強を通じてまちづくり・・というが多摩の皆さんと楽しい時間を過ごしていければいいなと考えています。
 楽しい試験でした!

shining star
 多摩は私の生まれ育った地です。
 これまで国内外さまざまな場所を見てきましたが、それを踏まえても多摩には多くの可能性があると思います。
 首都にあるということで政治、文化、社会的な刺激を常に受けながら経済的繁栄も亨受し、技術や知識の集積も進んでいるのが多摩です。
 常に新たな人材の流入を受け入れ、実験的な試みを行う未来志向のオープンな都市という性格を今後も大いに伸長させてほしいと思います。
 その思いから過去にも多摩の未来についてのアイデアを提案したこともありました。その中で考えた事は一つ一つはすばらしい多摩の各地域がこれまで以上に隔てなく連携していくことが望ましいと思われることです。
 京王線沿線自治体による図書館連携等住民の実態をふまえた秀逸な事業も出てきていますが、今後一層連携を促進し、EUのような機能を持たせてもよいのではないかと思います。
 また、都内にあるということで、どうしても都心経由でモノを考える習性の方が多いですが過去の歴史も示す通り、神奈川県とは近い関係にありますので、そちらとの交流を促進して、さらなる活性化を図る方策もとられても良いのではないかと思います。

多摩へのラブレター【連載:NO59】

0113.jpg

***********************
タマケンのテキストを読んで
魅力を再発見される方の声を時々耳にいたします。
そんな瞬間が事務局にとってとても嬉しかったりします。
***********************

N.T
 今年に入り自転車(レースに出るようなロードバイクです)を始め、多摩川を中心に多摩地域を走りまわっています。
 改めて自然の美しさを実感し、又、点と点がどんどん線と面でつながってきている楽しさを味わっています。今日の検定本も読みながら地図を横に広げ、あのあたりねなど楽しみながら勉強できました。
 もっと多くの方が多摩を直に楽しむイベントなどがあったらいいですね。立川のように商業発展もよいですが多摩が持つ都心に近い自然や建物のすばらしさをアピールしていけたらと思います。

K.K
 昭和40年代から東京のベットタウンとして発展してきた多摩地域の多摩丘陵の自然、府中がい線の緑、田畑が失われつつあることが、とても残念でなりません。
 また、それに伴い他県からの転入者の増加で多摩地域で古くから使われてきた方言「多摩弁」も聞かれなくなりつつあります。
 今回の検定(テキスト)でも特に触れられていなかった多摩弁も1つの文化として継承されていくことを願っています。
 新しいものを取り入れつつ発展し、一方で古くからの自然や文化も守られていく、そんな多摩であって欲しいと思います。

N.H
 多摩は自然がある田舎と都会的な街並みと融合した町です。町についての案内の方が各地域にいたら素敵だと思います。
 とても私にとって住みやすい街です。
 見た問題がたくさんあったのに思い出せず年齢を感じ次回また挑戦したいです。

多摩へのラブレター【連載:NO58】

0112.jpg

*********************
ラブレターを読んでいると
本当に多摩地域がみなさまに愛されていると
実感します。
*********************

匿名希望
 多摩は清流溢れる緑豊かな東京の癒しの地域として位置付けしていきたい。
 そのためにも地域に住む人達が一致協力して目的に向けて、整備していく一翼を荷っていきたい。
 全国を転勤して歩いてきたが多摩ほど素晴らしく大きな未知数を持った地域はありませんでした。
 一部北九州市、北海道に素晴らしいところはありましたが、将来性を考えると多摩に軍配があがります。

越前 和子
 青梅市の梅の講演で春3月にガイドボランティアを楽しんでいます。
 多摩の良い所を少しでも知りたい知らせたいと思い受験しました。青梅や奥多摩のすばらしい自然をいつまでも多くの人に知っていただければ、そして残していければと思います。
 これからも多くの人が多摩・武蔵野検定を受験していただければと思います。

白川 圭介
 私は多摩の魅力の一番は、あふれる自然だと思います。
 緑多き街が数多くあり「東京」でありながらも、心のやすらぎを得ることができる。
 そんな素晴らしさが多摩にはあると思います。
 環境へのやさしさ、エコということが昨今さけばれておりますが、将来的にも自然との融和を大切にし、緑多き多摩でありつづけて欲しいと願います。

多摩へのラブレター【連載:NO57】

0108.jpg

***********************
多摩が発展していくと同時に
自然や文化を残すことの難しさ。
その中でも多摩の魅力を見失わずに発展していけるよう
頑張りましょう。
***********************

AJOS
 多摩で生まれ育ち、仕事をし、家庭を築き、子供達も育ち私は数年後に現役を卒業します。
 今、神奈川県のあるところと多摩地域の2地域住居を始めました。多摩地域は便利ですが、私の子供の頃の林や森町の「におい」がなくなってるような気がします。
 都市としての便利さと、自然を求める気持ち、欲深いでしょうか。もう少し自然の方に比重をおきたいです。

下田 友亮
 多摩で生まれ育ち現在も多摩に住み多摩で働き生活の全てが多摩にあります。
 転勤で他県に一時的に住んだこともありますが、自然が豊かで生活環境、住環境の良さは多摩が一番だと思います。
 スタジオジフリの映画が世界的に注目を注がれる中、ジフリ博物館というハコモノにとどまらず、その舞台となった自然や街を盛り立て大事に残して頂きたいものです。
 JR東海の中央リニア新幹線が具体化しつつある中で、今まで新幹線や空港(離島空路しかない調布を除いて)が無い多摩地区での新駅設置は、多摩の歴史で大きなものになりそうです。
 米軍横田基地の民間開放も期待しています。

匿名希望
 日野市に幼い頃から住んでいる。
 合併前の七生村については知っているが旧●町についてわからないことが多い。
 平成16年~17年に新撰組のガイドをしました。
 その時郷土の歴史を学びました。
 住んでいる処だけでなく、多摩全域の古代から現代迄を知りたいと思います。過去の人々が残した智、技、礼等を学び後に伝えたいと思います。

多摩へのラブレター【連載:NO56】

1222

**********************

タマケンを通じて

多摩を愛する人たちの輪が広がるといいですね。

**********************

C-Rail

多摩南北間の鉄道(LRT等)の整備

西武多摩川線をLRT化して、JR。

西武、小田急との乗り入れ。

八王子LRTとJR八高線、川越線との相互乗り入れ。

尾根幹線~川崎南北高速~アクアラインの道路整備。

将来は、新多摩広域市化と、

多摩地下鉄(リニアメトロ、ドライバーレスでスリム化)の

検討を多摩センター~南大沢~八王子~立川

ナベチャン

400万人の多摩県をつくり、

歴史と文化と経済、芸能、大学のある

この魅力ある自立した都市にしたいものです。

環境面でも緑の保全、川の清川化、資源ごみの分別、

大気CО2の削減に貢献し、年齢構成もバランスよく、

21世紀型サステナビリティーのある町作りに

若い世代とシニア世代とface to face で、

一緒に手をとりあって、のんびり歩んでいきたい。

A.I

生まれも育ちも多摩。

大学だけ都内へ

浮気してしまいましたが(学力の問題で・・・)

改めて多摩へ戻ってみて、

自分のホームはここなんだなと

何とも言えないものを感じています。

ですので今回の受検も必然でした。

これを期に自分でオリジナル問題を作ってしまうような人が

増えるぐらいに盛り上がるといいなと思います。

死ぬまで多摩にいます。骨をうずめたいです!

多摩へのラブレター【連載:NO55】

1221

****************************

生まれ育ち、身近にあるからこそ

見える良さや「こうなったらなあ」という思いも

出てくると思います。少しづつ変わる多摩への愛着は

ずっと変わらないでいてほしいと願っています。

****************************

匿名希望

北多摩と南多摩、具体的にはわたしの住んでいる西武池袋線の

沿線と京王線の沿線は両線を結んでいる鉄道が

ほとんどなく交通が不便である。

このため両線を結ぶ鉄道をいくつか建設してほしい。

H.S

八王子で生まれ、日野で育ち、国分寺の高校に通い

多摩市で働いている私でも、知らないこと、魅力的なことが

山ほどこの多摩地域にはあることを改めて知りました。

他県へ行って自慢できるほどの知識と愛着を

持ちたいと感じました。

鈴木 秀幸

多摩は都心に隣接しつつも、自然が残り豊かな地域だと思う。

歴史も深い。この良さを守りながら発展しなければ

多摩の魅力は失われる。ベットタウン、マンション建設が

23区との境を越えて押し寄せるなら多摩の魅力は

半減すると思う。都心のように高層マンション建設に

走ることなく低層住宅、生産緑地保全、ハケなどの自然保全、

研究所等産業の発展を成り立たせることにより、

より価値の高い「多摩」がつくられると思う。

多摩が多摩らしくあるために学術界からの

提言経済界の理解、行政の役割、住民の理解と活動

すべてが平行してよい方向に進むことを祈る。

多摩へのラブレター【連載:NO54】

1215

**********************

タマケンでの勉強は単なる知識で終わらない。

魅力の再発見・拡大に貢献できれば

こんなに嬉しいことはありません。

**********************

Y.O

この自然豊かな多摩地域に住み始めて14年、

年齢を重ねるうちに多摩の自然のすばらしさに

取りつかれている男です。

私は六道山へ良く登りますが、

展望台から見る景色のすばらしさ、

そして歴史の重さを感じます。

南北を共通する交通手段がもっとほしいと思う反面、

これ以上自然を壊してほしくないとの思いも

強いものがあります。子供達のため、

そして私達の子孫のため今の環境を

守ってもらいたいものです。

石野 拓司

タマケンの受検勉強によって

多摩地域への関心が深まった。

史跡や文化財、観光地など

実際に現地へ就き目で見て確認したくなった。

合格者のみならず勉強会を定期的に開催し、

実地調査をすれば地域への愛着はもっと深まるはず。

ミニツアーには自治体や地元商店街と連携すれば

楽しみや喜びだけでなく参加するおいしさも広がるのでは。

人口減少や産業の衰退等未来必ずしも

明るくないかも知れないが

多摩地域(大学や自治体、産業、定住化率)が

生き残りをかけて、より輝くためには

多様な産学官等が連携協力し、多摩の将来像を

作り合っていく場が必要ではないか。

戸田 修

多摩に関する知識が増えるほど

地元に愛着が湧き、友人との会話等でも、

すぐ、多摩についての話をするようになり

周囲での多摩への認識を高める一助となっている。

多摩へのラブレター【連載:NO53】

1214

*****************************

受検者の方から多摩県という表現を時々耳にします。

東京にありながら23区とは違う特徴を持つ多摩地域は

もっと日本全国に魅力を発信していく力を持っていると思います。

*****************************

タケ

多摩地域が将来「多摩県」と言えるような魅力を持ち

独自の産業や観光が発展することを期待している。

F.S

多摩に住み多摩で働き多摩で遊び暮らせる自立都市圏となってほしい。

豊かな水緑は次の世代に残してほしい。

多摩から全国に発信できるような市民学生等による

参加型制度を創造したい。

京都のように多摩・武蔵野検定が他の地域の人々にも

魅力のあるような検定資格になってほしい。

M.H

私はこの春に京都から多摩に引っ越して来ました。

それまでは東京と言えば23区というイメージだったのですが、

住んでみて自然と都会がうまく調和している多摩地域が

大好きになりました。しかし、私の関西にいる知り合いに

話をすると東京に市があることすら知らない人もたくさんいます。

東京の外の人にも多摩の魅力が伝わるよう、

このような検定などを通じてアピールしていって欲しいと思います。

多摩へのラブレター【連載:NO52】

1208

*************************

住んでいるから気づく魅力、

たまたまそこで勤務していたら気づいた魅力

たくさんの魅力が多摩地域にはあると思います。

*************************

匿名希望

生まれも育ちも町田市ですが、

このようなご当地検定を受けることになるとは

思ってもいませんでした。

ずっと町田市に住んでいても

多摩地域のほんの一部しか知らなかったことに

改めて気づきました。

多摩の歴史は古く、たくさんの素晴らしい産物や

自然、産業があり、今後もそれを大切に守り

発展させられたらと思います。何の縁かわかりませんが、

多摩地域を支える基盤とも言える会社に

就職することができましたので、

私自信も今後は市民として、企業人として、

もっと多摩に関わり貢献していかなくてはと思います。

今回の検定は良き機会になりました。

堀籠 康一

小学校3年生2学期途中から、社会人2年目まで

東京都練馬区の西武池袋線沿線に住んでいて、

1998年1月から2007年6月まで

青梅市に住んでいました。人生の一番大切な時期に

多摩・武蔵野と接していたので私自身の精神風土は

礎がどうしても「多摩・武蔵野」です。

少年時代に草野球をしたり、

蝶を追いかけて網を振り回したのも「多摩・武蔵野」です。

社会に出て苦労の連続ですが、

悩みを解決してくれるのは武蔵野の自然、

多摩の自然でした。人生のエピローグを「多摩・武蔵野」に

捧げることができたら、この上ない幸せです。

もう一度でも何度でも多摩・武蔵野に触れて心身ともに

「若さ」を保ちたいものです。私にとっては「

多摩・武蔵野」はいつまでも心の故郷でありたいものです。

この検定を導いて下さった方々の労苦に感謝すると

共に「多摩・武蔵野」のますますの発展をお祈りいたします。

H・A

縁あって八王子に住んで25年経ちます。

都会と自然を両立できる良い所でと思います。

これからはもっと地元を知り、愛着を感じる土地になるよう

自分達の出来る事は協力したいと思っています。