多摩へのラブレター【連載:NO72】

***********************
多くの人々が多摩・武蔵野の自然の優しさに惹きつけられています。
一人ひとりが地域の環境を守る意識を持っていきたいですね。
***********************

茂木 正さん
 「多摩・武蔵野検定」という文字を見つけたとき、「あっ、おもしろそう!」という単純な気持ちでテキストを購入、検定の申し込みをしました。
 生まれも育ちも多摩なのにテキストを読んでいくと自分の知らない世界にどんどん吸い込まれて行き、もっともっと「多摩・武蔵野」に愛着を持っていこうと思っています。
 そして、「多摩・武蔵野」に在学、在勤しているか否かに限らず、ひとりでも多くの人にこの検定に興味を持ってもらい、多くの交流につながっていくきっかけになればと願っています。

イマムーさん
 昨春、長男が東京電機大学高等学校に入学したのを機に大泉学園から小平市回田町に引っ越してきました。実は長女も吉祥女子高校に通い、「多摩」にお世話になっていたのです。姉弟そろってとなると、通学圏を考えずにいられませんでした。
 少々駅からは遠いものの、会社勤めから帰ってきたときにフィトンチッド!といいますか、鼻腔に入り込んでくる多摩の森の空気が本当に癒やしになっているのです。
 この不思議な優しさを持つ多摩に惚れてしまったせいで、柄にもなくタマケン受検を衝動的に思いつきました。結果は???ですが、いずれにせよ、この受検でもっと「多摩」について知りたいなあという気持ちが増幅しましたね。

匿名希望さん
 地球環境の維持が注目される中で、多摩には自然や公園などが多くあり、とても恵まれた環境にあると思います。ただ、手を差し伸べなければ、いつかはなくなってしまう恐れもあり、そういったものを残していく努力が必要であると同時に、産業やその他のコミュニケーションも活性化のためには必要であると思いま す。
 こうしたことは多摩に住む一人ひとりの意識なしには成就しないことです。タマケンがそのきっかけとなればよいと思います。