1. ホーム
  2. 受検概要
  3. お申込
  4. イベント
  5. お問い合わせ
  1. タマケンとは?
  2. 受検データ
  3. 問題例・テキスト
  4. 後援
  5. 応援サポーター

平成28年度 受検概要

 

試験日時  2017年11月19日(日)
 ジュニア級:午前11時00分

 マスター4級:午後2時00分

 マスター3級:午前11時00分

 マスター2級:午後2時00分

 マスター1級:午後2時00分

集合時間  受付、試験説明がありますので、試験開始20分前までに試験会場へお越しください。
ジュニア級、マスター3級:午前10時40分
マスター4級、2級、1級:午後1時40分
試験会場  明星大学 日野キャンパス23号館 交通アクセス 明星大学キャンパスマップ
 ※試験当日のお問い合わせは多摩武蔵野検定事務局<042-591-8540>までお願いいたします。
  (明星大学へのお問い合わせはご遠慮ください。)
受検資格  学歴・年齢・性別・国籍の制限はありません。1級受検は、2級合格者に限ります。
申込締切  2017年10月17日(火)当日消印有効
支払い締切  2017年10月20日(金)
申込方法  多摩・武蔵野検定公式ホームページから→https://tamakentei.jp/application/
 郵送の場合はチラシをダウンロード→チラシ

検定級 ジュニア検定 マスター4級 マスター3級 マスター2級 マスター1級
検定
内容
30市町村ごとの検定。住んでいる町、関心がある自治体を選んで受検できます。身近な事柄を通して多摩・武蔵野地域に興味を広めるきっかけになります。小・中学生を中心に学校、クラス単位などでの受検がおすすめ 30市町村ごとの検定。住んでいる町、関心がある自治体、あるいは事業エリアに合わせて選べる検定です。限定されたまちだから身近な事柄の内容の濃い問題を通して、新たなことが学べます 30市町村のそれぞれの行政域を超えた多摩・武蔵野地域を広域的にとらえた検定。各市町村の特徴ある事象に親しむことで訪れる楽しみが増え、関心を深めたい方におすすめの検定 多摩・武蔵野地域の基礎的知識をさらに深めることで武蔵野台地とその周辺の成り立ちや課題が見えてきます。まちづくりの地域リーダーや地域でさらなる活躍を目指す方などにおすすめ マスター2級合格者が受検対象。多摩・武蔵野地域に関する幅広い知識と深い理解度を求める内容の試験です。高度な専門知識を生かして地域で活躍することを目指す方などにおすすめ
出題
範囲
小学生の知識レベルで、小学校社会科副読本で学ぶ内容から出題 受検者の居住地域または関心のある地域の基礎的な事柄を中心に公式テキスト・模擬問題と各市町村の広報紙および公式ホームページ、公共機関の発行物などから出題 多摩地域の自然・歴史・産業・文化など基本的な事柄を公式テキストから80%以上出題 マスター3級より高度で広範な問題を公式テキストから60%以上出題 多摩地域に関する深い内容で、公式テキストに準拠して出題
出題
形式
2~3者択一式 2~4者択一式 択一式
記述式
論述式
出題
問題数
25問 50問 100問 43問前後
試験
時間
30分 60分 90分
合格
基準
3段階評価
(40点以下:ブロンズ、41~70点:シルバー、71点以上:ゴールド)
60点以上/100点 70点以上/100点
受検料
(税込)
個人 1,080円 3,240円 4,320円 5,400円
団体 10人以上の団体受検で受検料合計金額から10%割引

 

 

 

page top