12/2(土)多摩めぐり30プラス 多摩丘陵第7弾 谷戸の空を舞うチョウゲンボウ

谷戸の空を舞うチョウゲンボウ

希少な弥生時代遺跡と大木のカヤ

稲城市を抱え込む多摩丘陵の東側は、西側の主脈中心の尾根と違って人が手の指を広げた格好のように幾重にも条が走り、変化に富む。多摩ニュータウンの中では最も新しい住宅地の稲城市若葉台は清楚なまち。丘陵を下った上谷戸親水公園は、ホタルが飛び交う清流があり、緑が濃い。その上空を滑空する小さな猛禽・チョウゲンボウをレンズで狙う愛鳥家が居並ぶ。北の三沢川沿いに建つ古刹の高勝寺にも立ち寄りたい。威風堂々の雄姿を見せる都内最大級のカヤの大木が境内の空気を締める。さらに都内では数少ない弥生時代の遺跡が出土した平尾台原遺跡が物語るものは、何か。人の住みやすさだけだろうか。多摩ニュータウンに先駆けて開発された平尾団地は、間もなく50年を迎える。この間、人口の急増・減少という時代の推移を映す。鎮守の杜だった杉山神社の風格も感じたい。訪ねる先々で流れる麻生川など幾つもの水音は、丘陵が語るふくよかな声に聞こえてくる。そんな多摩丘陵に触れましょう。

◆集合日 2017年12月2日(土)
◆時 間 9時
◆集合場所 京王相模原線若葉台駅
◆ガイド タマケン合格者 宮崎雅文さん 須永俊夫さん
◆参加費 1,000円
◆募集人員 先着順 30人
◆持ち物 弁当、筆記具、雨具、飲み物
◆お問い合わせ 042(591)8540タマケン事務局(平日10-16時)

詳細はチラシをごらん下さい