9/17(日)多摩めぐり30プラス~多摩丘陵第5弾 鎌倉往還が映す朝廷・武家政治のかたちと風

鎌倉往還が映す朝廷・武家政治のかたちと風
~源頼朝、足利尊氏、徳川家康の櫃、近藤勇も通った?

江戸時代に鎌倉街道と呼ばれる以前の鎌倉道。その名は、わが国最初の武家の記録である「吾妻鏡」に見られ、後醍醐天皇から50年間の動乱を描いた「太平記」に記された。これらは多摩丘陵を貫いた鎌倉へ通じる道の重要性を物語る。奈良時代に畠山重忠らは埼玉・菅谷-鎌倉間の上道を往復したであろう。平安時代には蝦夷平定をねらった坂上田村麻呂らが最短の中道を北上し、源頼朝率いる主力部隊も房総半島から鎌倉を目指した。新選組局長・近藤勇が走り、徳川家康の櫃が静々と日光を目指した。これらの現場である多摩丘陵を歩く。この日のルートは里山の色合いが濃く、TOKYOを忘れさせる。一足早い秋風が感じられそうだ。

◆集合日時 2017年9月17日(日)9時(※時間厳守 9時25分発のバスに乗車)
◆集合場所 京王・小田急多摩センター駅改札前
◆ガイド タマケン合格者 菊池等さん、味藤圭司さん
◆参加費 1,600円(資料代・傷害保険料・小島資料館入館料含む)
◆募集人員 先着順 30人
◆持ち物 弁当、筆記具、雨具、飲み物
◆お問い合わせ 042(591)8540タマケン事務局(平日10-16時)

詳細はチラシをごらん下さい