11月15日(日)開催!!多摩めぐり30~「武蔵村山市」のご案内

村山党の里、天明の打ち壊しの勃発地 食の祭典、ミカン狩りも楽しむ

東京と埼玉の都県境・武蔵村山市。旧石器時代から人が住み始めた狭山丘陵にムラができて以来、中藤地区に縄文人が暮らし、古墳時代の生活痕があり、奈良・平安時代には寺院も建った。戦乱の世には豪族の村山党が生まれて勝鬨をあげたという。18世紀の天明の打ち壊しもこの地から始まった。多摩湖、村山大島紬、東京狭山茶、自動車製造……そこここにある時代を刻むモノたちにふれます。いまや風物詩となったミカンの栽培を武蔵村山で初めて手掛けた下田家でミカン狩りも楽しみます。この日開催される武蔵村山ならではの食品が結集する「食の祭典FOOD(風土)グランプリ」会場で昼食を兼ねることもできます。

◆開催日 2015年11月15日(日)
◆集合 8時50分JR立川駅 北口 コンコースの郵便ポスト前 その後バスで「三ツ橋」へ
 ※現地、三ツ橋バス停集合の場合
   西武新宿線花小金井駅北口(梅70 都営バス)8:50発「青梅車庫前行き」三ツ橋下車(330円)9:31着予定
◆コース
眞福寺⇒六ツ指地蔵⇒萩の尾薬師堂⇒日吉神社⇒赤堀トンネル、横田トンネル⇒村山織物協同組合⇒武蔵村山市FOOD(風土)グランプリ⇒長円寺⇒瀧の入り不動尊(パスの可能性あり)⇒十二所神社⇒ミカン狩り(下田園)⇒赤稲荷⇒宿の薬師堂⇒軽便鉄道廃止線跡・採石場跡・空気孔
◆ガイド タマケン合格者 菊池等さん(青梅市) 阿部港さん(清瀬市)
◆参加費 1,400円<下田園入園料(みかん食べ放題)傷害保険料、資料代含む>
◆募集人員 30人(先着順)
◆持ち物 筆記具、弁当、飲み物、雨具
◆お問い合わせ042(591)8540タマケン事務局(平日10-16時)
詳細はチラシをごらん下さい