多摩へのラブレター【連載:NO84】

第3回検定試験3級受検
F・Sさん

私は四国で生まれ育ちましたが、縁あって八王子に嫁ぎ、子どもが生まれました。子どもたちはここで育ちます。東京といえど、自然が多いこの地でのびのびと育ってほしいと思います。豊かな自然や様々な研究機関など良い刺激を受けたら、将来この地のために働ける人になってほしいと思います。これから子ども達が習うであろう多摩の事を私自身も学びたいと思います。子どもの成長とともにこの地域に愛着が湧いてきています。これからも美しいままであってほしいです。

多摩へのラブレター【連載:NO83】

第3回検定試験3級受検
S・Mさん

故郷の福岡を離れ8年目ですが、社会人のうちの1年半を除いて多摩地区に住んでいます。特に社会人になってからは職場に近い場所に住むという選択もできましたが、とても住みやすいため離れることができません。なんとなく福岡と似た空気があるのではないかと思います。よく現住所を言うと「良い所だね」と言われ ます。これからも、住みやすい場所であってほしいと思います。

多摩へのラブレター【連載:NO82】

第3回検定試験3級受検
Y・Y さん

休みがとれると、京王線を利用してよく多摩地域に来ます。都心とは違い、時間の流れがゆるやかで、自分のペースで趣味や買い物を満喫できるのが魅力的です。私は関西出身ですが、どこかに似たような雰囲気を感じる多摩に里帰りした気分になります。検定の範囲以外にも、まだ知らない多摩の魅力は沢山あると思います。これからもいろんな方向から探ってみたいと思います。

多摩へのラブレター【連載:NO81】

第3回検定試験3級受検
斉藤太郎さん

多摩地域は、首都圏から離れていて東京や横浜によく出かけるのに1時間もかかってしまう不便な所だと思われがちですが、実際住んでいる私から見れば、そんなことは全くなく、東京の中でこれほど自然と調和した生活が送れるまちはここにしかないと思っています。朝には小鳥のさえずりが聞こえ、天気がよければ自宅から富士山が一望できます。
多摩地域に15年以上住んでいて、一通りの事を知っていると思っていましたが、実際この検定の存在を知り、まさに「井の中の蛙、大海を知らず」という感じでした。これを機にもう少し地元の事を自慢できるように知識を増やしていきたいと思います。