多摩へのラブレター【連載:NO80】

第3回検定試験3級受検
山下真実さん

武蔵境(武蔵野市)で産まれ多摩センター(多摩市)で育ち、つつじヶ丘の学校に通い、今は立川に勤めています。仕事の営業先は多摩・武蔵野地域です。
この27年 間で多摩の良さ、緑の多さや温かい雰囲気は肌でしっかり感じており、多摩が大好きな"多摩っ子"でしたが、詳しい知識は無かったので、今回この検定を機会に本を読んで知らなかった事を知る事ができとても面白かったです。今後もっと勉強をすれば普段の散策や暮らしの中での視点がまた違ってきて家族・友人や仕事関係の人々との会話の幅も広がりそうだと思いました。

多摩へのラブレター【連載:NO79】

******************
多摩地域の良いところを
これからもどんどん魅力的に。
******************

谷 拓也さん
 多摩地域は東京23区に比べて、あまり発展していないところが多いので、21世紀にやることがたくさんある。私はこれから多摩地域の中で様々な活動を行っていきたいと思っている。
 多摩地域にはもう少し芸術に関する施設がほしい。百貨店には23区に比べ商品の数が少なく、選択の余地があまりないように感じる。

松尾 英治さん
 多摩と武蔵野地域を歩くのが好きです。多摩と武蔵野地域の風土が微妙に異なっているのが面白いです。
 歴 史的にも重要な位置を占めています。特に江戸の後背地、甲州(甲斐国=山梨県)との接合地として、複雑な文化が育まれていると思います。また、東海から上 州(上野国=群馬県)、野州(下野国=栃木県)へ抜ける路もあり、上杉謙信が高尾山を参拝したこともあるとか。高尾山といえば、飯綱大権現が越州より勧請された事実も面白いです。

匿名希望さん
 三鷹に生まれ育ちました。幼いころは家の前が田んぼで、空き缶に水とサツマイモを入れ、小石で炉を作り、煮たり食べたりして遊びました。今はそれらすべてが なく、さびしく思います。古き良きものを掘り起こし、伝えていけたらよいと常に思っております。一人でも多くの人が古き良きものと同時に今の多摩も残して おきたいと考えます。